塗料メーカーの転職と英語力

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの転職と英語力

塗料メーカーの転職と英語力

世界に目を向けると、塗料メーカーは何万とも言われるほど数多く存在しています。世界の塗料の市場規模の中で、日本の占める割合は7%ほどですが、国内では大小合わせて200社以上の塗料メーカーが日々、過当競争を繰り広げています。少子高齢化が進む日本での市場には、今後大きな成長を望むことは難しく、塗料メーカーが、ある種成熟期を迎えた国内から海外に目を移すのは当然と考えられます。世界のマーケットは広く、新興国を中心に塗料の市場は今後ますます期待できるとされているからです。

塗料というのは「保護」や「美観」を特性とし、身の回りのあらゆる製品に使われています。新興国ではインフラの急成長があり、特に建築関連で塗料の需要が大きく伸びています。また、自動車では日系自動車メーカーの海外生産の増加が既にあり、日本の塗料メーカーもそれに伴い伸長してきた実績があります。新興国では自動車の需要も増加していますから、塗料の需要も今後、必然的に伸びていくことでしょう。

塗料メーカーは、既に海外にも生産拠点を置く会社が多いですし、これからますますグローバル化を進めていく会社が増えていくのは明らかです。そこでは他国とのシェア争いも待っていますから、高い技術力のみならず、よりシビアな営業力も必要になってきます。実際、十数年前から既にオランダのアクゾノーベル社や米国デュポン社など、世界的な巨大総合化学メーカーが、塗料の分野にその経営資源を大きくシフトしているのです。日本の塗料メーカーにとって、世界のシェアを大きく占めるのはかねてからの悲願でもあり、現在まさに挑戦中であると言って良いでしょう。

海外進出を強化している塗料メーカーでは、ほとんどが海外に子会社を持っています。そんな海外子会社をベースに海外の顧客との折衝も増えてきており、また海外出張も多くなっていく中で、採用の際に「英語力」が重視されるのは間違いないでしょう。海外で営業活動をする人材を求めていれば、ビジネス英語プラスアルファで、英語を用いての営業テクニックが必要です。海外で営業経験がある人は有利と言えます。

国内で内勤の求人であっても、海外子会社の事務所や工場、また提携先との連絡業務が発生します。そういった部署での求人であれば、少なくとも英文でビジネスメールが書けてニュースレターも作成できる力は求められます。英語での電話応対、会議での通訳も必要になるかもしれません。海外留学の経験があるなど、英文の読み書きや日常英会話が問題なくできる人は優遇されるでしょう。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.