塗料メーカーの転職と資格

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの転職と資格

塗料メーカーの転職と資格

塗料メーカーへの転職と言っても、仕事内容はセクションによって異なります。営業系であるか、技術系であるか、生産系であるか、また事務系であるか、それぞれで求められるスキルも資質も違ってくるのは当然ですね。

資格については、営業系では必須と言われるものは少ないようです。普通自動車免許は持っていた方がいいでしょう。それ以外では、海外との折衝のある会社ですと、営業・事務系ともに、ビジネス英語のできる人を優遇するようですので、英語系のスキルがあるといいでしょう。企業が求めるTOEICの期待スコアの平均値では、中途採用社員の採用時で710点、海外出張者で675点、海外赴任者で695点、国際部門で750点というデータがあります。転職先の会社によりどこまでの英語力を必要としているか異なりますから、事前にリサーチをしておきましょう。

そして技術系では、「危険物取扱者」の資格があると有利な場合があるようです。化学品を扱うには、保管するときも運ぶときも、また処分するときにも厳しい規制があるからです。危険物取扱者の資格を持っていると、塗料関係のさまざまな危険物の取り扱いや定期点検、さらに保安の監督ができるようになります。この資格には甲種、乙種、丙種があり、試験の難易度は順に下がります。甲種や乙種の危険物取扱者の立ち会いの下では資格を持っていない人でも危険物の取り扱い、定期点検が行えるので、甲種や乙種を持っていると採用の際、優遇されることが期待できます。また、ソフトなところでは「カラーコーディネーター」の資格も良さそうです。取得のために勉強したことが業務に活きてくるでしょう。

生産系は工場で勤務することが多いようですから、持っていて有利と言えるのが「毒物劇物取扱責任者」の資格です。これは、毒物や劇物の取り扱いを行う上で保健衛生上の危害の防止に当たる責任者のことを言います。特殊技術者として採用時に優遇されることが期待できますし、持っていると活躍の場も多い国家資格ですので、転職先で必須ではなくても取得しておいた方がいいかもしれません。

事務系では前述の英語系スキルがあると有利ですし、パソコン操作力を証明する「Microsoft Office Specialist」(MOS)の資格も持っていると役立つ可能性があります。また、就業員の健康を保持し、事業所全体の衛生管理をする国家資格、「衛生管理者」の資格を取得するのも、採用時の強みになりそうです。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.