塗料メーカーの採用基準

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの採用基準

塗料メーカーの採用基準

塗料メーカーでは他の多くの日本企業と同様、大手を中心に新卒一括採用が主流です。しかし、一部大手、また中小の会社では積極的に中途採用を行っているところもあります。自社サイトに募集ページを用意している会社もありますが、一般に公開しない非公開求人を特定の媒体で公開している企業もあります。さらにここ数年、塗料メーカーを含む化学系メーカーでは、特定派遣の求人が増加しています。特定派遣とは、一般派遣とは違い、派遣元(派遣会社)が雇っている正社員を企業へ派遣するもので、企業との派遣契約が終了した後も、派遣元と社員の雇用関係は続きます。このことから正社員型派遣とも言われています。

主な採用基準と言えるのは、大学卒以上であることくらいですが、研究職や技術職の場合、化学系学科を出ているとか、前職で塗料配合検討や分析評価を経験している人を優先する傾向があります。

ところで、塗料メーカーは国内市場が成熟していることから、国内のみで成長することが難しくなってきています。そこで、大手企業を中心に、これまで以上に海外市場への進出に力を注いでいます。特に、成長の著しい新興国ではインフラ投資が活発化しているので、こういった国々での塗料の需要拡大に期待が掛かっているのです。実際、需要地と生産地のマッチを図る動きが目立ちます。現地で消費者ニーズに合った製品を作りダイレクトに届けたい、輸送コストを抑えたいといった理由から、生産現地化を加速する企業が増えており、今後もこの傾向は続くでしょう。

塗料業界は、世界的にもプレゼンスの高い日本の自動車産業の動きに合わせ、生産地の変化に対応してきた経緯があります。日系の自動車メーカーへの供給体制を、アジアを中心にある程度整えてきた日本の塗料メーカーですが、そのノウハウを武器に今後は非日系自動車メーカーに対しても供給しようとしています。国内の需要が頭打ちと言われる中、インフラ投資の活発化による新興国の建築用塗料の需要増加、また、自動車メーカーのアジア進出加速化による、自動車用塗料の需要増加を背景に、塗料メーカーがグローバル化を考えるのは当然と言えるでしょう。

企業がグローバル化を図っているときには、事務系、技術系ともに中途採用の採用基準には語学が重視されることが多いです。また、海外での実務経験がある人は優遇されるでしょう。M&Aや、現地資本との提携などに明るい人も採用時の強みになります。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.