塗料メーカーの転職と履歴書

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの転職と履歴書

塗料メーカーの転職と履歴書

どの業種であっても就職、転職時には履歴書が必要になります。企業によっては履歴書による一次試験があり、その後二次として面接試験を採用していることもあります。ですから履歴書の書き方一つでも採用に大きく影響することがあります。

塗料メーカーでの転職でも他の業界と同じように、履歴書が必要になる場合が殆どです。特に大手メーカーであれば、必須事項となります。多くの転職者が履歴書を用意する際に、頭を悩ませるのは志望動機と自己PRでしょう。そして面接官の多くもこの部分に注目する傾向にあります。ですからこの2つをしっかりと準備することで転職を成功させることができるのです。

まず志望動機として注意したいのは、ネガティブな理由や自己中心的な理由です。「前職での仕事が面白くなかった」「職場環境が合わない」などは本当の理由かもしれませんが、そうした理由で転職するのであれば、採用後もまた同じ問題や状況になりかねないと思われてしまいます。また「給料が高いから」「通勤に便利だから」「研修制度などで勉強できるから」など自分の利益を中心とした志望動機も避けましょう。企業側としては、社員が企業のために働き、社員が企業に利益を還元することを期待しています。企業から何かをしてもらう事ばかりを考えている社員であれば、採用も躊躇してしまうかもしれません。むしろ志望動機にはポジティブ面を出し、応募企業に対する独自性のある工夫されたものにしましょう。またこれまでの経験を通して習得した技術や知識をどのように活用したいと思っているかも伝えることができます。塗料メーカーであっても異なる分野への転職であれば、新たな分野の必要性や将来性を織り込むこともできます。

もう一つの履歴書のポイントとなるのは自己PRです。自己PRですべきことは、自分の魅力と企業にとってのメリットを伝えることです。これまで塗料メーカーで勤務することで、どんな知識や経験、スキルを得てきたか。またそうした面が応募先の企業でどのように役立てることができるかを伝えるならば、納得してもらえるでしょう。前職で営業職か技術職かなどによってもアピールポイントは違ってきますが、何かの資格を取得し転職先でも役立てることができるのであれば、忘れずにPRしましょう。

塗料メーカーにおいても、今後は海外進出が大きな挑戦となってきます。新たなことに挑戦する気持ちや会社への専心を伝えることも重要になります。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.