塗料メーカーの世界売上ランキング

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの世界売上ランキング

塗料メーカーの世界売上ランキング

ここ数年の世界経済を見てみると、どの業界においても統合や合併の波が押し寄せています。その理由にはアメリカでのリーマンショックや、ヨーロッパ各国での長引く景気低迷などが挙げられます。なんとかして利益を上げるためには、仕方のない戦略かもしれません。景気にはそれほど影響を受けることがないとされる塗料メーカーですが、少なからず企業合併などのニュースも報じられています。今後は世界各国の塗料メーカーが新興国への進出や海外への拠点移動などを目指すため、一層の競争激化が予想されます。

日本においても、国内市場だけでは先細りが見えているため、他国企業同様に海外へ目を向けることが不可欠です。今後、大きな経済発展や急激な景気回復を期待することも難しいため、塗料メーカーでも国内では現状維持というのが今後の目標となるでしょう。

とりわけ注目されているのは中国への進出です。世界各国から多くの企業が生産拠点を構えています。また依然として続く建設ラッシュによって、各業界が潤っているのも確かです。塗料メーカーも同様に、中国企業が実力をつけてきています。また中国へ進出し、新たな市場を開拓しようとする企業も増加傾向にあります。

2015年に発表された塗料メーカーランキングでは、アメリカのPPG社が売上高で初の首位に踊り出ました。これまでは数十年の間オランダのAkzoNobel社が首位に君臨していましたが、世界トップを譲り渡した形になりました。3位にはドイツのHenkel社がおよそ100億ドルの売上で入っています。売上ランキング60位以内に中国の3社がランクインしているのも注目できるポイントです。今後も中国企業の成長や市場拡大が塗料業界にも大きな影響を与えるといえます。

首位になったPPG社は、高い品質と優れたデータによって世界トップレベルの自動車補修塗料メーカーとしての地位を確立しています。全世界に108の子会社と合弁会社、関連会社を擁しています。今後も自動車産業において強いシェアを持つことが塗料業界においても成長を続ける鍵となりそうです。

日本が誇る塗料メーカーである日本ペイントはドイツのボリグ&ケンパー社を含め幾つかの合併会社を完全子会社とする事で徐々に世界でのシェアを拡大しています。また日本ペイントは欧州自動車メーカーの塗料に採用されることによって業績を伸ばすことができています。今後は世界を相手にどこまで成長することができるかの挑戦が待っています。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.