塗料メーカーの転職と営業力

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの転職と営業力

塗料メーカーの転職と営業力

日本の塗装産業は明治時代に始まり、文明開化とともに発展してきたと言われています。そして他の多くの産業同様、高度経済成長とともに躍進を遂げ、現在では成熟化により成長率の低下が見られるようになっています。日本の塗料メーカーは老舗が多く、長年にわたり築かれ磨かれた技術力、開発力には目覚ましいものがありますが、国内では市場規模の頭打ちがささやかれています。

塗料メーカーの多くは販路を求め、既に世界に目を向けています。特に新興国ではインフラの構築が過熱し、ビルや住宅などの建築ラッシュも目立っています。これらの構造物には保護や美観のために必ず塗料が必要ですから、新しいマーケットとして大変魅力的なのです。

しかし、魅力的なマーケットには世界各国の同業者も触手を伸ばしています。世界の巨大ケミカルメーカーも塗料分野に力を入れて、新興国で市場の寡占化を進めているのが現状です。優れた製品を誇る日本の塗料メーカーも、もちろん積極的参入をしようと、グローバル戦略を展開しています。今後、日本の塗料メーカーにとって、世界を相手にする営業力は不可欠です。ASEAN、アフリカ、中近東などの新しいマーケットで他国に負けない「塗料の販売促進営業」をすることが、これからの日本企業の成長を左右すると言えるでしょう。

塗料メーカーの求人にも、新興国に駐在する海外営業職が目立つようになりました。自社のグローバルポジションの強化につながる力のある営業マンを、どの企業も欲しがっています。地域ごとに異なる商習慣に左右される建築塗料を扱う場合、事業展開も現地に根ざしたものでなくてはいけませんから、コミュニケーション能力は大変重要です。現地の有力企業と連携する場合も考えられます。細やかな気配りができつつ、交渉を臆せず進められる人が向いている仕事ですね。前職で高い営業実績のある人は、業界が違ってもチャンスはありそうです。海外での営業経験がある人は、特に優遇されるでしょう。

もちろん、国内の営業職の求人もあります。国内での仕事では、驚くような新規開拓は難しいかもしれません。まずは既存の顧客への提案を中心に、より喜んでもらえるようなパートナーシップが重要となるでしょう。塗料のプロとしてのアドバイザー的な営業力を求める企業が多いようです。営業職経験者であれば、前職の経験をどのように新しいフィールドで活かせるかを伝えるとともに、応募する企業の製品について事前によく調べ、その強みを自分ならどのように顧客に示してすすめられるか、などをアピールできるようにしておきたいものです。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.