塗料メーカーの転職と自己PR

塗料メーカー求人TOP >> 転職の基礎 >> 塗料メーカーの転職と自己PR

塗料メーカーの転職と自己PR

日本が誇る技術の中には様々なものがありますが、塗料もその一つに挙げることができます。塗料と一言聞いてもあまり想像できないかもしれませんが、私達の身の回りにあるあらゆるものが塗料によって綺麗な色を保つことができています。家や車、家具や家電などあげていけばキリがないでしょう。日本経済の発展と共に、塗料業界も成長を続けてきました。ここ数年では日本国内だけでなく、海外にむけても進出し成長が著しい業界です。そこには経済成長を続ける新興国での生産や各種業界への参入を模索している様子が見て取れます。

塗料メーカーにおいて転職をする際に、ポイントとなるのはやはり自己PRでしょう。日本人は自己主張することがない国民と見られがちですが、自分の良い点や魅力をいかに相手に伝えるかは非常に重要なスキルといえます。前職で培った技術や知識などをしっかりとアピールできるようにしましょう。

前述したように、塗料メーカーにおいても今後は海外進出が大きな課題とされています。国内での売上を伸ばすことも重要ですが、業界では国内よりも海外進出することで長期的なメリットを産み出せると考えられています。そこで転職時に英語力をアピールすることができれば転職後も有利になるでしょう。最低でもビジネス英会話ができることは求められるでしょう。塗料メーカーならではの専門用語や知識なども英語で流暢に話し説明することができる程度の英語力があれば、海外での営業時にも問題なく活躍することができます。これまでに海外への留学経験や勤務経験があるならば、忘れずにPRするようにしましょう。企業により多少の違いはありますが、規準となるのはTOEICのスコアで700点前後が期待されています。面接時には確実に注目されるポイントが、英語力です。

塗料メーカーには工場で勤務して、実際に塗料を生産する技術者も必要とされています。その場合、転職時にアピールできるのは、危険物取扱者や毒物劇物取扱責任者などの資格でしょう。こうした資格を取得しておくことで工場内でも任される責任や仕事の幅も広がるのは事実です。転職で必ず必要という資格ではありませんが、採用に優遇されるケースもあります。

これまでの勤務で自分がどのような経験をしてきたのか、今後の職場でどのように経験を活かすことができるかを考えておくことも大切なポイントです。同じ資格や経験をしていても、面接時の自己PRによって採用や待遇も異なる場合があります。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.