第二新卒の塗料メーカーの求人

塗料メーカー求人TOP >> 条件別 >> 第二新卒の塗料メーカーの求人

第二新卒の塗料メーカーの求人

塗料メーカーにおける第二新卒OKの求人は、インターネット上で見つけることが可能です。学校を卒業して一度は就職したものの、数か月〜数年で離職した人たちを第二新卒者と呼び、就職においては新卒者よりも不利と言われています。確かに大手企業では新卒一括採用が今でも主流であり、塗料メーカーも例外ではありません。しかし、近年、第二新卒のメリットに着目する企業が増えてきたのも事実です。この傾向は特に、中小の企業に見られます。

第二新卒者は、卒業後に社会人経験が多少なりともあります。新卒者には新人研修で社会人マナーなどを教えるコスト、手間と時間が必要となりますが、このコストが削減できるのがまず、採用側には魅力と映ります。また、第二新卒者が前職で身に付けた経験の中には、大変役立つものがあるケースもあります。専門知識を有していたり、営業のノウハウが備わっていたり、貴重な人脈を持っていたりすれば、大きなメリットです。

次に、意欲に対する期待があります。社会人として働いた中で、仕事に対する自分の適性をじっくり考えた末での転職ですから、その「覚悟」や「本気度」に期待が高まります。そして、第二新卒者にはまた、中堅の転職者にはないメリットがあります。まだ若いということです。新卒者とそう変わらない年齢ですから、今後成長する可能性は十分にあります。在職期間が短いので前の職場の影響もそれほど心配なく、独自の文化を大切にする中小の塗料メーカーなどでは特に、「若さ」は歓迎される要素ではないでしょうか。

第二新卒OKの塗料メーカー求人に見られる職種は、営業職が多いようですが、実験・解析・評価のセクションや、研究・製品開発のセクションでも求めている会社が見られます。応募資格はそれぞれの会社で違いますが、塗料メーカーは海外進出を強化している会社が多く、外国人との折衝も多いので、ビジネスレベルの英語力は欲しいところです。さらに、資格を持っていると有利な場合もあります。技術系では「危険物取扱者」の資格が、また工場で勤務することが多いとされる生産系は「毒物劇物取扱責任者」の資格が、選考時にも、また採用されて実際に仕事を始めてからも活きてくると思われます。

ところで、第二新卒者を採用する際、採用側が最も懸念するのは「すぐまた辞めてしまうのではないか」ということです。応募する際は、その懸念を払拭するよう気を付けなくてはいけません。退職理由は必ず聞かれますから、待遇面や人間関係への不満などネガティブな退職理由であったとしても、できるだけ前向きな言葉を使い「御社で役に立ちたい」という気持ちを伝えましょう。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.