既卒okの塗料メーカーの求人

塗料メーカー求人TOP >> 条件別 >> 既卒okの塗料メーカーの求人

既卒okの塗料メーカーの求人

学校を卒業して就職をしていないまま数か月〜数年がたった人たちを既卒者と言いますが、塗料メーカーの求人には既卒OKとする求人も見られます。数は多くないですが、中小の塗料メーカーで見つけることができます。また、大手塗料メーカーのグループ企業でも求人があります。

社会人未経験の若手求職者、それが既卒者です。大手企業の場合はだいたいが新卒採用で事足りるので、既卒者に興味を示すことは少ないのですが、中小企業は大手企業に優秀とされる新卒の人材を持っていかれてしまうケースが多く、既卒者の中に自社にマッチした優秀な人材を見出そうという意欲が見られます。そしてそこでは、何故既卒になったのか、その理由が重要になってきます。

新卒時に就職活動をしていたが、内定をもらえず、そのまま既卒になってしまったという人の場合、採用側は「何社も受けたにも関わらずどこにも就職できなかったのは、この人に何か問題があるのでは」と懸念を持つかもしれません。また、就職活動をしないまま卒業した人に対しては「のんびりしているのか、あるいは世の中を甘く見ているのか」と思われてしまう可能性があります。それぞれで、採用側の懸念を払拭しなくてはいけません。

就活で失敗した、という人は第三者の助けも借りてその理由を分析し、それをどのように克服するべく頑張ってきたかを素直に伝えましょう。失敗したこと、ダメな部分を修正してきた努力に対して、採用側は温かい視点を持ってくれるはずです。そういう中で、「この会社のこういうところに魅力を感じ、自分も役に立つ存在になりたい、頑張りたいと思った」と説明すれば、わかってもらえることでしょう。

新卒時に就職活動をしなかった人の場合、その頃の自分が就活に真剣になれなかったということを正直に話し、しかし今は違う、以前の学生気分の状態ではなく、真剣に仕事をしたいと願い、この会社を知ってこういう事業に興味を持ち、今は本気でここで働きたいと思っている、という意欲を伝えるのが良いでしょう。採用側は若い人を仲間に入れる場合、未熟であることは百も承知です。これまでのマイナス要素と思われる経歴も、本人がどう経験値として自分のものにし、成長しているかが問われるのです。

中小の塗料メーカーの経営者、採用担当者の中には、「過去の経歴よりやる気と成長の可能性を重視する」「社会に出るまでにちょっとぐらい苦労した人の方が、むしろ見込みがある」と考える人が少なくありません。既卒であるからといって、悲観する必要は全くないのです。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.