大手の塗料メーカーの求人

塗料メーカー求人TOP >> 条件別 >> 大手の塗料メーカーの求人

大手の塗料メーカーの求人

200社以上あると言われる国内の塗料メーカーですが、売上高シェアの大半は大手と呼ばれる企業が占めています。塗料メーカーへの転職を考えたとき、大手企業を希望する人は多いでしょう。しかし、塗料メーカーに限らず大手企業では、新規採用以外の求人を表立って出すところは少なくなりました。

その理由として考えられるのは、例えば新規プロジェクト立ち上げなどによる求人の場合、競合他社に事業計画を知られたくない、開発リソースを確保するため、ということがあります。主力部門の強化を図る求人の場合も同じです。事業戦略に直結するため、公開できないのですね。また、人気企業であったり募集するのが人気職種であったりする場合、公開すると申し込みが殺到してしまうことが多いので、これを避けるという理由もあります。さらに、迅速に採用したい場合は公開求人の手続きを踏む時間がないことも考えられます。

大手企業の中途採用の実際は、リストラその他の退職者が出たときの欠員補充が大半を占めています。大手塗料メーカーも例外ではありません。こういう場合は企業としてはできるだけ早く、コストをかけずに採用したいので、非公開で求人を行うことが増えています。現在、世の中で公開されている求人の何倍もの案件が非公開である、という説もあります。ですから大手企業への転職希望者はこういった非公開求人から希望の会社、職種を探すことが多いです。

大手塗料メーカーの求人では、他企業と同様、欠員補充の意味合いが強い場合が多いのですが、新興国などへの海外進出を加速する企業が多数あることを考えると、この部分での強化要員としての募集もあると考えられます。塗料部門にシフトし始めた世界の巨大化学メーカーをも競合相手とするので、必然的に経験豊富で優秀な人材を求めているはずです。海外拠点に駐在する営業職の募集では、海外での営業経験があり、交渉力に実績のある人は優遇されるでしょう。今後増えてくると予想される海外でのM&Aや、現地企業との資本提携などに備えて、現地の法制度や税制に詳しく、コンサル的な役目を果たせる人材も求められていると思われます。

ところで、脅威となる世界の巨大化学メーカーの多くは日本法人を持っています。それらの企業では日本を技術発信拠点として捉え、研究開発、新規アプリケーション開発、そして用途開発の強化を図っています。日本の大手塗料メーカーも、これらは海外進出に向けてはずせない部門です。ですから、こういった特定の事業領域のスペシャリストには、中堅から管理職まで幅広い採用ニーズがあると考えられます。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.