中国塗料の採用情報

塗料メーカー求人TOP >> 人気の塗料メーカーの採用情報 >> 中国塗料

中国塗料の採用情報

広島県大竹市に本社を置く中国塗料は、1917年に設立、1949年に株式上場した塗料メーカーで、東京にも本社を置き、子会社26社で中国塗料グループを構成しています。主な事業としては、船舶用塗料を中心とする塗料の製造・販売、また塗装の請負いがあります。さらには、それらの事業に関連する研究や資金運用といった事業も展開しています。

古来、造船の盛んな瀬戸内の広島。その地で船舶用塗料から歩みを始めたのが中国塗料です。塗料業界において船舶用塗料では国内首位、シェアは6割を占めると言われている同社のメインユーザーは、海運、造船、電力、鉄鋼、建設、木工などの基幹産業となっています。塗料にとって最も過酷と言える海洋環境。そこで培った技術力が、建築や電力の分野でも活躍を広げていくのに役立っています。工業用塗料でも各種プラントや鋼構造物、木工・建材分野などでも特色のある塗料を市場に供給し、事業範囲を広げてきました。創業以来、船舶用塗料のリーディングカンパニーとして発展してきた同社ですが、船舶用塗料は近年需要が低迷していることから、現在では主力を陸上プラント向けの塗料などにシフトしつつある様子です。また、今後は環境対応型を始めとする特色のある新製品の開発を加速させ、多様な工業用塗料分野の拡大も目指しています。

中国塗料はその最重要課題の1つとして、世界中でユーザーサービスを行える体制を整えることに力を注いできました。海外での展開は進み、アジアやヨーロッパ、アメリカなど、現在約30か国、80拠点のサービスネットワークを持っています。そんな同社では、約10人に1人が海外駐在をしているそうです。事務系、技術系を問わず、海外のユーザーやスタッフと日々コミュニケーションをとっている同社なので、ここで働くには語学力はまず求められるもののひとつです。また、ワールドワイドに仕事をしている同社では、求める人物像として積極的に異文化に触れ合おうとするチャレンジ精神のある人、精神的にもタフな人としています。

そんな中国塗料に転職をしたいと考えている人もいることでしょう。同社のホームページには採用情報のページが用意されています。新卒採用情報と並び、キャリア採用情報もあるのですが、常に求人があるということではないようです。同社への転職を検討している人は、こまめにホームページにアクセスして、中途採用の情報がアップされていないか確認することをおすすめします。

塗料メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2017 塗料メーカー求人探し【※人気企業に転職しよう】 All Rights Reserved.